スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバートとヘンリーの道のり (ロシアン東京5~8回目)

土・日、ダブルX2日間。
体力に少し影響が出ていますが(笑)、気力は最高にゲンキですグッド

呪文アドリブはいろいろオモシロイものありましたが、忘れたくないのは、土曜の午前だったかな?一休さんバージョンのときのせり下がりで、ナツキさんの小声の「ポクポクポクポク・・・・(→木魚の擬音)」、そしてユミコちゃんの「・・・トンチで解決しましょー!」です。ポクポク・・が、かわいかった~。(でもトンチって執事っぽくないボキャでGAPですねー)

これまでユミコちゃん中心の「うれしー♪たのしー♪」モードのウォッチだったので、、、今回は話の筋を感じることに専念した4回でした。

(以下、ネタばれまくりです。そして大変長いです。)

もとは人権派志向だったアルバートに、出世狙いのスタンドプレー続きのまがいもの(←イリーナいわく)といわれてもしょーがない戦略を踏ませているのは政策秘書のヘンリーなんだよね?
キラースマイル戦略もヘンリープロデュースなんだよね?ソヴィエトに近づきたい民主党をけしかけていっきに上院を狙おうっていうのも政策秘書の考えなんだよね? で、その具体的方法として「レビュー団をひきつれた訪問団」を考えたのもヘンリーなんだよね?(→立派なこと考えておきながら具体策がレビュー団っていうのは、ひょっとして自分がミュージカル好きだから?そんなところでちゃっかり自分のスキなコト施策にしちゃうなんて、ヘンリーったらすました顔してズルイー。で、ゆえに、タップもおどれちゃうワケだよね?)

で、そんなヘンリーの施策に「・・・・・・わかった、ヘンリー。」というような調子でうなずいているアルバートなのかしら、胸の中は少しモヤモヤしているけれども、熟考し、納得し、決断し、ヘンリーから差し出される手に自分の手を重ね、決意する。 ヘンリーの目の力と手のぬくもりが、孤独じゃない、大丈夫だ、と、力をくれる。 

しかし現実は、

♪絡みつくしがらみ・・・歩みをとめていはいないはずだと信じたい・・・ な、わけで。

ムラで観ていたときから、アルバートの銀橋ソロがキラースマイルと対極にあって、聴くたびアルバートの歌に切なくなってた私なので、今回はこんなことばかり考えて観てしまいました。。。。

チギちゃんの「受けたいオーディションがあるんです」、キムちゃんの「もっと話を聞いてあげても・・・」の言葉に苦い顔をして踵を返すアルバートの感じている胸の奥の痛み。それは目指す道のりの途中かならず通る関所なのだと、ヘンリーの支えを受けながら一生懸命踏ん張っているアルバート。

なんか、アルバートの悩みっぷり、迷いっぷりが、とっても等身大で、切なーい。(→端に自分に重ねてるだけナンデスガ)

「時には誰かの思いを踏みにじることだってありますよ」

きっと落ち込んでるだろうアルバートを見通して、声をかけにきたヘンリー。

「行動の途中で疑念を抱くのは、あなたの悪い癖だ」

ヘンリーがアルバートに向かっていうこの言葉、成功の確証なく信念だけを頼りに未知の世界に踏み出す決断をした経験のある人にはほんとうにキツク響くコトバかと。

政策秘書の範疇を超えた言葉、とアルバートもいっているけれど、アルバートに向かって言い放つ核心つきまくりのヘンリーのこのセリフがあることで、2人がどんな景色(ビジョン)をみて、そのビジョンのため同志として2人でこれまでどんな道のりを歩んできたのか想像がものすごく膨んで・・・・ここから先、銀橋の2人のお芝居がスキすぎます。 全般的に笑いと歌で話を運ぶこの演目の中、ここだけは「しん」とした空気が漂う時間。 終盤でヘンリーがアルバートの目をじっと見つめて言う、「・・・・私がなぜあなたについてきたのか・・・わかりますね」のセリフにもつながって。 

「どうだっていい!どこにでもいる怯えるように生きている人々が自由に生きる権利と場所を・・・ただそれだけのために政治家になったのに」 爆発するアルバート。

そうだよね、アルバート。大事なのはそれだけだよね(共感!)
何が迷い道って、いまのやり方が、やっぱり迷い道なんだよね。
大事なものをとりもどすアルバート。

「だからこそもっと力を蓄えてからっ!!」といいつつも、きっとヘンリーの彷徨いも終了、なのかな。
もともと人権派のアルバートに無理をさせてたであろうことは重々感じてたんだろうな、ヘンリー。でもヘンリーもビジョンのためにって・・・たぶん一緒に彷徨ってたんだよね・・・。

「いちからやり直すことに決めましたから。あの人にやりたいことが見えていればそれでいいんです」 これからは、もう誰かの思いを踏みにじるやり方ではなく、アルバートが大切だというものを大切にするやり方で。最後、えくぼができちゃう笑顔で語るヘンリーの表情はそれまでとは違って、彼の心情の変化を感じます。

そうかぁ、これは2人の青年の成長ものがたりなんだね。(→イリーナの話はどこにいっちゃったのダ、笑?)

アドリブもめちゃ楽しいけど、水夏希さんと彩吹真央さんのまじめなお芝居、ほんとに好きです。なんかネロとエスコバルに会いたくなっちゃいました。

以上、偏りまくりの感想。
つづき(・・・があればですネ)は、また次回。

ツイテない・・・けど、がんばろーPageTopクリスチャーノ・ロナウドにおもうこと

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://moa31.blog84.fc2.com/tb.php/32-37df64f7

ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)


presented by ネット旅行.com

青空に映える名言集

天気予報

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/

プロフィール

flow of life

Author:flow of life
大好きなもの、元気がわくもの。
あやぶきさん。
太陽。
旅行。
自然体。
獰猛さも慈愛も抱える。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター

マウスについてくる犬の足跡

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。